自然法算命学

冬至年始

冬至年始説
自然法算命学は、干支といわれる気の暦における年の境目を、『冬至』(12月22日=山羊座の始まりの日)においています。

『気の分岐点こそ、新しい気の始まり』という視点で『冬至が新しい気の始まり』という判断に立っています。
天空間現象による気の分岐点を冬至とする理論が冬至年始の理論です。

立春は、地上において、目に見える形で陽気が動き出す始まりです。
現象のみで判断する年の始まりは、地時空間現象という理論に立つ年の始まりで、立春であります。

干支における天干は、地球の自然現象と離れたところにある。とするのが、算命学の基本的考え方です。
天空間現象(天干)は地時空間現象に依存しない、という視点に立つ時、天空間現象の始まりが冬至です。
そして、立春は、地時空間現象の始まりとなります。

天空間現象の分岐点、日照時間が最も短い冬至は、太陽が再生する日であり、太陽が再生する時が、新しい気の始まりです。

干支の暦のみによる運命学、運命予知をする時、冬至を年の境目において判断する時、正しい判断が出来ます。

この、天空間現象(天干)は『冬至』から動き出す、ということについて、生前の高尾宗家は、『原典算命学大系』で次ぎのように説かれています。

立体五行干支配分法の時空間五行
干支配分論において「生年干を北方に配置しているのは、年の初め及び年の切り変わり時点を冬至に求めているわけで、年における宇宙空間の現象は、北方から始ると考えているわけであります。」
原典算命学大系 第2巻 p.39引用)

 

 

立春年始

1月の大寒は、【 地時空間現象 】で、自然界は最も寒い冬の季節で、地上において陰の気が最も強い時間帯です。

立春になると陽気が動き出し、自然界の植物が芽吹き始める季節となります。立春は、地上世界、地球上における【 地時空間現象 】の、目に見える形で陽気が動き出すところであります。目に見える現象を占う学問に、九星学があります。九星学は、象位の占い、現象を予測するのに適しています。そして、象位の占いをするとき、年の変わり目が立春となっています。ここに、干支の暦が、九星学の影響によって、年の変わり目が立春に移動されたのではないかと、私の私見ですが、そのように考えています。

九星学は、現象のみを当てることを主体とした占いです。当てる、という意味において、現象を占う為、自然界の現象の動きに影響されていると言えます。ですから、地球において、目に見える形で陽気が動き出す『 立春 』(2月5日頃)が九星学の年の変わり目です。

 

冬至年始
これに対して冬至年始の算命学は、開運することを主体とした占いです。
人が生まれ、その時の宇宙から入ってきた天気と地気を分析し、それを、この地上世界で生かす方法を学ぶ学問、運命学、占いです。

算命学を象位(現象)としてのみで判断しようとすると、『立春』を境目として占い、当てることにこだわった占いになる可能性が生じます。

算命学を気の動きとして、見えない気を分析しようとすると、『冬至』から始まっている新しい気が内在し、内側で動き出しています。

古代において、年の変わり目は冬至であったとする説があり、冬至説を王暦、立春説を民暦とした暦が作られていました。(参照 王暦と民暦

自然法算命学王暦に基づく干支歴で占います。

冬至説による干支歴の検証において、多くの鑑定を通して人の性格、運命現象を確認しています。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 04-2937-4271 受付時間 12:00 - 20:00

無料周易占断

占いたいことを強く心に念じながらボタンをクリックしてください。

あなたの未来が見えます。

PAGETOP
Copyright © 算命学 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.