算命学の主役はあなた自身です。

車騎星の開運法

人体図の車騎星

☆☆☆☆☆☆|【目上の場所】|【初年期の運】
------+------+------
【家庭の場所】|【自分の場所】|【友人の場所】
------+------+------
【晩年期の運】|【部下の場所】|【中年期の運】

車騎星(+金星)

車騎星とは、日干を剋す(分断する)気が宿命にあって、陽干どうし、あるいは陰干どうしの反発する関係となるとき、宿命に車騎星が現れます。
自分を分断する気が自分の内面で動いていますので、闘争、葛藤が強くなり、右か左か結論をはっきりしたくなる性格が現れます。
陽転すると、目的、使命感を持ち、行動力があります。
陰転すると、過去のこと、人に言われたことを気にし、過去の自分を責め、クヨクヨ考える性格となります。
定位置は西方、攻撃の場所です。

車騎星の陽転(開運)法

車騎星は、結論、結果、白黒をはっきりさせたい星です。
急いで自分だけで答えを出すと迷いにはまります。
答えを導き出せない時は、良き師に教えを乞うことです。
故に、独学より師について学んだ方が、能力が身に付きます。
車騎星は、体を動かす仕事、体を使って覚えた仕事の分野で才能を発揮します。
技術職、職人、スポーツ等の世界です。

白黒をつける星は、大きな目標に向かって使命感に目覚めると、車騎星の稼動が始まります。

【自分の場所】
中心にあると、結論を急ぐ性分です。結論がでないときは、過去のことを振り返ってくよくよ反省してしまいます。

【目上の場所】
北方、目上の場所にあると、親、上司に対してはっきりとした態度、結論を求めるようになります。

【友人の場所】
東方、守りの場所にあると、恋愛および友人との関係で行動力があります。

【部下の場所】
南方、伝達の場所にあると、部下、年下に対して、行動で意思表示し、かっこよくあろうとします。

【配偶者の場所】
西方、補佐役の場所にあると、かっこいい人を好きになります。

車騎星の開運法
車騎星は体で体験したことを魂に刻んで才能とします。
勉強は鉛筆を動かしてノートを取って魂に刻みます。
何もしないと迷いのドツボにはまります。
先ず、手を動かし、足を動かし、体を動かすことで運が動き出します。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 04-2937-4271 受付時間 12:00 - 20:00

無料周易占断

占いたいことを強く心に念じながらボタンをクリックしてください。

あなたの未来が見えます。

PAGETOP
Copyright © 自然法算命学 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.