冬至は新しい気の始まり

自然法算命学は、干支といわれる気の暦における年の境目を、『冬至』(12月22日=山羊座の始まりの日)においています。

『気の分岐点こそ、新しい気の始まり』という視点で『冬至が新しい気の始まり』という判断に立っています。
天空間現象による気の分岐点を冬至とする理論が冬至年始の理論です。

立春は、地上において、目に見える形で陽気が動き出す始まりです。
現象のみで判断する年の始まりは、地時空間現象という理論に立つ年の始まりで、立春であります。

干支における天干は、地球の自然現象と離れたところにある。とするのが、算命学の基本的考え方です。
天空間現象(天干)は地時空間現象に依存しない、という視点に立つ時、天空間現象の始まりが冬至です。
そして、立春は、地時空間現象の始まりとなります。

天空間現象の分岐点、日照時間が最も短い冬至は、太陽が再生する日であり、太陽が再生する時が、新しい気の始まりです。

干支の暦のみによる運命学、運命予知をする時、冬至を年の境目において判断する時、正しい判断が出来ます。

この、天空間現象(天干)は『冬至』から動き出す、ということについて、生前の高尾宗家は、『原典算命学大系』で次ぎのように説かれています。

干支配分法の時空間五行

立体五行

干支配分論において「生年干を北方に配置しているのは、年の初め及び年の切り変わり時点を冬至に求めているわけで、年における宇宙空間の現象は、北方から始ると考えているわけであります。」
(原典算命学大系 第2巻 p.39引用)