人体図の天禄星

— 陽占 —

目上の場所初年期の運
家庭の場所自分の場所友人の場所
晩年期の運部下の場所中年期の運

 

天禄星の開運法

天禄星とは、魂のエネルギーが、陽の極にあって安定していることを表す星です。

陽の極を安定、持続させようとする気が動きます。

心の世界を一言で表現すると、安定を望む心であります。

人の一生に置き換えると、壮年期、中年期の働き盛りの象徴です。

役目

陽の極を安定、持続させようとする気を壮年期とし、現実の安定を主、精神の安定を従とした気を稼動させます。

精神の従は内面である家族、仕事、私的分野の世界を守る動きとなり、精神より生活を優先する動きとなります。

すなわち、衣食住を優先する選択です。

物事に対して沈着、冷静、的確な洞察力と観察力で現実の安定思考を持続させます。

現実の中庸を思考し、自分を味方の陣営において現実の安定を思考します。

分かりやすい言葉は、石橋をたたいてわたる選択です。

人間関係や現実生活を安定させるための選択、行動、人間関係を形成することが、この星の役目です。

現実生活の安定を無視した選択をする時、人生全体のバランスが崩れる運命となります。

初年期の運

いろいろ考え、黙って行動する子供時代です。

中年期の運

非常に現実的生き方をします。

晩年期の運

安泰を優先してすごします。

天祿星を占うには、現実の生活基盤を安定させた生活をしているかどうかで占います。