人体図の天貴星

— 陽占 —

目上の場所初年期の運
家庭の場所自分の場所友人の場所
晩年期の運部下の場所中年期の運

 

天貴星の開運法

天貴星とは、魂のエネルギーが、陰・陽ともに動き出し始めたことを表す星です。

魂の成長に必要な精神と現実が目覚めることを表す星であります。

心の世界を一言で表現すると、社会的に生きていくために必要なものを学ぶために、少年のような素直な心であろうとします。

役目

魂が成長するのに必要な知識を目上に従って学び取ろうとする星です。

そのために、目上、年長者の知恵に素直に従い、自己形成で学び取ろうとします。

生きているうちに親の面倒を見る役目があります。

組織においては継承運であり、組織の内面、集団としての和を守ろうとする星です。

よって、組織の拡大においては役目を発揮できません。

目上、年長者からの指導を素直に受け止めるとき、目的に対する着実な前進が、見守り応援を受けて、組織の充実に役目を発揮する星の動きとなります。

初年期の運

よく学び、よく遊びます。

中年期の運

仕事や社会に対してまじめです。

晩年期の運

習い事を始めます。

天貴星を占うには、平和な家庭に生まれ、良き師について学んだかどうかで占います。