人体図の天印星

— 陽占 —

目上の場所初年期の運
家庭の場所自分の場所友人の場所
晩年期の運部下の場所中年期の運

 

天印星の開運法

天印星とは、魂のエネルギーが、陰の極みから陽の気へ少し動き出したことを表す星です。

外面(肉体)の陽が動き出していますが、内面(精神)は未だ陰の状態のままです。

心の世界を一言で表現すると甘受する心であります。

与えられた環境に受け入れられる気質を所有しています。

人間の一生にたとえると、生まれたばかりの赤ちゃんの象徴です。

役目

物事が出発する時の準備をするエネルギーの星。

人の目に見えないところで諸々の原因を作り出す。

宿命と環境が一致した生き方になると、自分の存在が、無意識に周囲の人々の開運の原因、きっかけを呼び覚ます。

宿命と環境が一致していない生き方にあると、自分の存在が、無意識に周囲の人々の運命を狂わす原因、きっかけを呼び覚ます。

自分の宿命と環境を一致した生き方を通して、先祖の恩徳による人間性をともなう言動が、出会った人々の運命の転換、変化、開運の、きっかけの存在となる星です。

初年期の運

周りに可愛がられて育ちます。

中年期の運

人に好感をもたれます。

晩年期の運

周りが慕ってきます。

天印星を占うには、乳児の頃、家族や周囲から愛されたかどうかを占います。

自然法コム(自然法算命学購入サイト)

取扱商品

カウンセリング・運命鑑定。算命学命式算出ソフト・通信講座・セミナー・教科書・講義DVD・講義HDD・講義MP3