人体図の天報星

— 陽占 —

目上の場所初年期の運
家庭の場所自分の場所友人の場所
晩年期の運部下の場所中年期の運

 

天報星の開運法

天報星とは、魂のエネルギーが、陰陽の極の分岐点にあることを表す星です。

心の世界を一言で表現すると不規則な心であります。

霊感が強い星ですが、精神的価値観をしっかり築き上げることが、運命の波乱性を防ぐ上で大切であります。

人間の一生に置き換えると、生まれる前の、母親の母体にいる胎児の象徴です。

天報星は3点で、前世の因縁、素因による行動を現す星です。

清濁、混迷混沌の中で、陰陽の分岐点、未来の方向性を直感(霊的啓示)によって発見する星です。

故に、天報星は、宗教心、超感覚的世界を認めるほど、その直観力が優れます。

天報星は物事が形となって現象化するまでに必要なものを把握する星です。

結果的に人によっては前世を霊視する星となります。

役目

精神の向上(価値観、思想、人間性、心の次元等)を経て物事の本質の二面性、二方向を見極める能力が備わる。

一つの集団や組織が混迷の中にあるとき、そこから一つの道を見つけ出し、他と歩調を合わせながら開拓の力を発揮する。

現実社会における混迷の環境において、光明を見つけ指し示すとき、天の啓示を受けるがごとき存在として扱われる星です。

初年期の運

落ち着きのない子供時代です。

中年期の運

人生観に一貫性が持てない性格です。

晩年期の運

精神的な世界の影響を受けやすくなります。

まとめ

天報星を占うには、当人の運勢が安泰の時、母胎にいた時の母親が安泰であったと占います。

自然法コム(自然法算命学購入サイト)

取扱商品

カウンセリング・運命鑑定。算命学命式算出ソフト・通信講座・セミナー・教科書・講義DVD・講義HDD・講義MP3