人体図の天極星

— 陽占 —

目上の場所初年期の運
家庭の場所自分の場所友人の場所
晩年期の運部下の場所中年期の運

 

天極星の開運法

天極星とは、魂のエネルギーが、この世からあの世への分岐点にあって、有形の無(肉体の死)、精神の有(精神の異次元への出発)の状態と同調することを表す星です。

心の世界を一言で表現すると、なすがままの心であります。

無形の異次元世界の啓示(心に浮かんだ発想)を追求しようとします。

役目

天極星は死後直後の星です。エネルギーは2点です。

肉体(現実)がなく精神(魂)のみがこの世に浮遊している状態の星。

先祖(死後世界)の霊的影響を受ける星です。

与えられた環境に染まり、そのことで疑問に思っても行動できない星です。

天極星は霊的啓示を受けて、それを現実化したくなる星です。

有形の無は、現実世界の時代環境、人間関係の想念をそのまま受け入れる気が稼動します。

世の中が平和であれば、本人の精神は平和になります。

環境が動乱であれば、本人の心は動乱になります。

家族や周囲の人間たちが持つ想念、意識が、そのまま本人の精神性に流れ込みます。

この星ほど家族の影響を受ける星はありません。

精神世界、霊的世界の影響を強く受ける星です。

無くなった魂の影響を受けやすい星です。

先祖の魂、亡くなった魂と意識感応しやすい星です。

霊的啓示を受けて発明の世界に向かうことがありますが、それが、現実世界で善に利用されるか、悪に利用されるか、には興味なく、発明することに喜びを感じる。

技術職、職人、発明等の、人と関わらない没頭する世界で才能を発揮する。

初年期の運

与えられたものを何でも吸収します。

両親の精神性がそのまま本人の行動に表れます。

中年期の運

お金にこだわると誘惑に負けます。

お金に関わらない世界で安定を得ます。

人間関係の介在しない世界で力を発揮します。

晩年期の運

他人に慕われます。

まとめ

天極星を占うには、人間関係に気配りを必要としない技術職、研究職などに類する世界に従事しているかどうかで占います。

自然法コム(自然法算命学購入サイト)

取扱商品

カウンセリング・運命鑑定。算命学命式算出ソフト・通信講座・セミナー・教科書・講義DVD・講義HDD・講義MP3