人体図の天馳星

— 陽占 —

目上の場所初年期の運
家庭の場所自分の場所友人の場所
晩年期の運部下の場所中年期の運

 

天馳星の開運法

天馳星は、魂のエネルギーが、陰の極に至って宇宙空間に溶け込んだ状態を表す星です。

それは、「時間の無」「空間の無」を表す世界です。

心の世界を一言で表現すると時間を意識しない心であり、目の前のことに全力をあげる心です。

与えられた家族を含む環境条件(精神、現実)を、ストレートに受け取って、本人の運命に現わす星です。

人間の魂の世界におきかえると「来世の星」「あの世の星」です。

天馳星は1点で、宇宙空間と融合する星です。

自分の周りの家族等の想念が、その人の行動に無意識に表す星です。

人間関係の多い環境では、人の想念に振り回され、一貫性の無い人となります。

時にパニック症候群的です。

自分が本当に好きな世界で職人的に生きると優れた集中力を発揮します。

役目

宇宙空間に溶け込むエネルギーは、自分の生活環境の空間に溶け込む気質となります。

生活環境の空間とは、自分の周りにいる人々の想念、波動、精神状態のことです。

家族や周囲の精神状態が、そのまま、その人の行動、運命に現れる現象を引き寄せます。これは幼少期ほど顕著です。

周りの環境、空間(精神波動)に溶け込み、それを、本能的に行動にとって具現化する星です。

天馳星は、空間の一瞬の波動をつかむことに優れています。そのため、ひらめきに優れています。

苦手な世界は、利害が生ずる現実的人間関係です。

人間関係が介在しない世界で、無形世界(空間)が持つ波動を無意識直感的に読み解き、その世界に没頭し、集中していく役目です。

具体的には、集中力を必要とする技能職等の、職人の世界です。

組織や管理職、人間関係の介在する世界では、人に振り回され、ストレスとなります。

初年期の運

落ち着きのない子供時代です。

中年期の運

気が変わりやすい生き方をしようとします。

この星ほど、物にこだわらないで、心、魂のための人生観、価値観が必要な星はありません。

自分の好きな世界でしか生きることができません。

魂(本音)に正直に生きる。

本当に好きな仕事に就くと、安定します。

晩年期の運

本当に好きな人と結婚すると晩年落ち着きます。

自分の人生のカルマ(自分が行った行為)の報いが現れる老後となる星です。

まとめ

天馳星を占うには、全く人に気を使わなくて良い、本当に自分が好きな仕事で、職人的分野で生活しているかどうかで占います。

自然法コム(自然法算命学購入サイト)

取扱商品

カウンセリング・運命鑑定。算命学命式算出ソフト・通信講座・セミナー・教科書・講義DVD・講義HDD・講義MP3