命式における十大主星の純濁法

命式の中で十大主星の純の星が陽転する家庭環境には条件があることに着眼することが求められます。

基本的に、純の命式は両親が離婚しない家庭で育った方が星の稼働が早いです。

命式の中で十大主星の純の星が陽転する家庭環境の条件

  • 鳳閣星(遊び心のあるのびのびしていられる家庭環境に育つ)
  • 禄存星(愛情と余裕のある財のある家庭環境で育つ)
  • 司禄星(平均的家庭、父がいて母がいる家庭に育つ)
  • 牽牛星(平均以上、または品位ある家庭で育つ)
  • 玉堂星(実母が安定している家庭で育つ)

命式の中で十大主星の濁の星が陽転する家庭環境の条件

  • 貫索星(同性または年上の兄弟姉妹のいる家庭に育つと、友達想い兄弟姉妹想いとなります。)
  • 石門星(異性または年下の兄弟姉妹のいる家庭、友達想い兄弟姉妹想いとなります。)
  • 調舒星(孤独のなかで、没頭できる家庭、一日の中で一人になれる時間があると陽転します。)
  • 車騎星(苦労した家庭、体を使って体験することで陽転します。)
  • 龍高星(自分で答えを出さなくてはならない家庭、独学に向いています。)

宿命は、十大主星が5個表出されますので、3個以上ある星の数によって、純の命式、濁の命式と認定します。

純の命式は平和型価値観、濁の命式は動乱型価値観(思考)となります。

自然法コム(自然法算命学購入サイト)

取扱商品

カウンセリング・運命鑑定。算命学命式算出ソフト・通信講座・セミナー・教科書・講義DVD・講義HDD・講義MP3