人体図の司禄星

— 陽占 —

目上の場所初年期の運
家庭の場所自分の場所友人の場所
晩年期の運部下の場所中年期の運

 

司禄星(-土星)

司禄星とは、日干の五行が、宿命に剋す五行があるため、奪い削ろうとうとする気が稼働します。

剋した気と和合が生まれるとき、宿命に司禄星が現れます。

自分の中の一部を削って自分のものとする気です。

こから、蓄積、蓄財、身内の守り、家族という気が動き出します。

司禄星を占うには、平均的家庭に育ったかどうかで占います。

陽転すると、人に信頼されることを望み、着実な人生を歩もうとします。

身近な人の絆を大切にする生き方となります。

陰転すると、お金にこだわった人生となり、物惜しみ、出しおしみとなり、執着が強い人生となります。

定位置は中央、引力、魅力の場所です。

司禄星の陽転(開運)法

司禄星は人の信頼を得るため努力する星です。

一つ一つ積み重ね、記録し、自分の知識の引き出しに入れていく。

それがひととおり出来上がると、大きな自信になり、人に一目おかれ、注目されるようになります。

ウサギと亀のお話で言えば、司禄星は亀です。

司禄星は時間がかかります。

平均的家庭に育つと、努力することを覚えます。

信頼と家庭を大切にする積み重ねが、司禄星の稼動法です。

自分の場所

中心にあると、現実の生活の安定、経済の安定、人間関係の安定を土台とした考え方をします。

目上の場所

北方、目上の場所にあると、目上、上司に信頼されることに努力する人です。

友人の場所

東方、守りの場所にあると、友人および恋愛において相手につくす人です。

部下の場所

南方、伝達の場所にあると、部下、年下に対して、信頼関係を優先した意思表示をします。

配偶者の場所

西方、補佐役の場所にあると、自分と生活観があう人を好きになります。

まとめ

司禄星は物事を積み重ねた才能によって信頼を得ようとします。

積み重ねた努力が沸騰点に達したとき、才能の引き出しを所有する人になります。

そこから、自分の記憶の中から引き出しを多く持つ才能豊かな人になります。

司禄星が陽転している人の多くは、メモ魔です。

自然法コム(自然法算命学購入サイト)

取扱商品

カウンセリング・運命鑑定。算命学命式算出ソフト・通信講座・セミナー・教科書・講義DVD・講義HDD・講義MP3