60干支番号、26から30番目まで解説

干支番号・26番:己丑

己土は田園、田舎の象意

丑土は初元から癸、辛、己

本元から土生金、金生水と地下水が湧いてくる姿です。

潤いのある田園ですので、木性(甲、乙、寅、卯)と太陽(丙)、日の光(丁)があれば、才能豊かな田園です。

土性は天地で比和となり、天庫星でありながら頑固な身強です。

先祖を大切にすることで、財に恵まれる運の動きとなります。

干支番号・27番:庚寅

庚金は身弱(天馳星:1点)な刀剣。

寅木は剛木です。

寅の蔵干は初元から戊、丙、甲となり、本元から木生火、火生土となります。

天が地を剋しながら、初元の戊に庚は生じられています。

自分だけ良いところを持っていく質があるとします。

干支番号・28番:辛卯

辛金は宝石。

卯木は草木。

草を刈り取るハサミです。

あるいは、木皿の上の宝石です。

側近、配偶者の芽を刈り取るという意味があります。

天馳星の1点は気配りのできないエネルギーです。

本当に好きな人と結婚することです。

干支番号・29番:壬辰

壬水は陽の水性で、集団が持つ想念とシンクロします。

また、過去、父方の気、古い先祖の気を帯びています。

辰土は、地支自体に水が溜まっているという意味があります。

壬辰は天庫星で、貯水池です。

5点の身弱でありながら、頑固で相当に強いエネルギーとします。

精神的に駆け巡る想念のコントロールに苦労する干支です。

天庫星ですので、長男、跡取り、墓守りによって道が開きます。

干支番号・30番:癸巳

癸水は雨露の水です。

巳火は火性です。

癸巳は天報星の3点のえねるぎーです。

巳火の、地の火性に熱せられた水蒸気の癸水です。

巳火の蔵干は、初元から、戊、庚、丙です。

戊と暗合すると、丁巳に変化します。

豹変すると異常に強気になって突っ走る質があります。

水源の庚を求めますので、運は母親(庚:玉堂星)の影響に依存します。

カウンセリング


  • 電話鑑定・カウンセリング・人生相談・初回限定 : 税別3,000円:30分まで

  • 電話鑑定・カウンセリング・人生相談・基本料金 : 税別2,000円:10分

  • 対面鑑定・開運カウンセリング・対面鑑定・人生相談・基本料金 : 14,000円~60分

  • 開運の新規出発時期判定は別途 : 10,000円を申し受けます

  • 04-2937-4271 : お気軽にお問い合わせください