天干と地支蔵干が干合する暗合干支

暗合干支とは、干支の天干と、地支二十八元の蔵干と、干合する干支を暗合干支といいます。

  • 甲午(己) ⇒ 戊午  天極星 ⇒ 天将星
  • 乙巳(庚) ⇒ 辛巳  天恍星 ⇒ 天貴星
  • 丙戌(辛) ⇒ 壬戌  天庫星 ⇒ 天南星
  • 丁亥(壬) ⇒ 乙亥  天報星 ⇒ 天極星
  • 戊子(癸) ⇒ 丙子  天報星 ⇒ 天報星
  • 己亥(甲) ⇒ 己亥  天報星 ⇒ 天報星
  • 庚辰(乙) ⇒ 庚辰  天印星 ⇒ 天印星
  • 辛巳(丙) ⇒ 癸巳  天極星 ⇒ 天報星
  • 壬午(丁) ⇒ 甲午  天報星 ⇒ 天極星
  • 癸巳(戊) ⇒ 丁巳  天報星 ⇒ 天将星

暗合すると十二大従星が時間移動します。

時間移動するので過去や未来とシンクロします。

干合とは魂の融合です。

魂が融合するから結婚します。

ですから、干合は配偶者の霊魂です。

配偶者の霊魂と融合できないと、空間の気と融合します。

赤ちゃんの魂が母親の母体に宿るのも、母の魂と融合した瞬間です。

母が父と融合した瞬間、霊的世界から、母体に宿る魂が憑依するといえます。

暗合干支を異常干支といいます。

時間を移動するからです。

これをうまく消化すると、霊感能力となります。

消化できないと精神のバランスが崩れます。

脳、精神の異常性となります。

年老いた人にとっては、惚けのはじまりとなります。

暗合干支で、庚と己は変化しないため時間移動しません。

庚と己は頑固であるといえます。

干支で変剋律というとき、暗合干支、異常干支のことです。