守護神活用で開運

日干から月支(生まれ月)を見て表出される守護神が調候の守護神です。

四柱推命では調候用神といいます。

月支は家系を表し、魂が家系の中で恩徳を受けているかどうかを判別します。

宿命の五行において

  1. 個しかない五行は、個性、長所、短所、特徴、際立つ現象が現れます。
  2. 個ある五行は、安定していると現象が現れます。あるいは、その五行に対して安定が崩れない選択をします。
  3. 個以上ある五行を、多過と言います。多すぎる五行は、こだわる現象が現れます。

調候の守護神が、宿命で3個(地支は本元の五行)あれば、調候の守護神多過と言い、宿命の忌神となります。

この場合、調候の守護神を剋す五行が調和の守護神となります。

調和の守護神は、宿命を稼働させる五行です。

通常、調候の守護神を剋す五行は、調候の忌神となる可能性が高いです。

よって、守護神多過の調和の守護神が、調候の忌神となる場合があります。

調候の忌神は、魂が嫌がる現象です。つまり、苦労、試練をともなって開運するのが、調候の忌神です。

命式によっては、宿命が調候の守護神に囲まれる命式があります。

たとえば、戊は、甲、癸、丁を喜びとします。

戊 丙 癸
寅 辰 卯

上記命式は守護神多過にならない、守護神に囲まれた命式です。運格が高く、世の中の必要な存在となります。

本人は、「人生は努力である。」と言います。

このような命式の人は、努力するほど、努力が結果に結びつき、報われる人生となります。

次の例題

乙 丙 乙
巳 子 巳

丙は調候の守護神多過で、子の癸水は、調候の忌神、調和の守護神です。

この命式が開運するには、癸の苦労、試練(調候の忌神)を通過しなくてはなりません。

この命式は、霊能者の江原啓之氏です。調和の守護神、調候の忌神の子水は、青年期の滝行をしたことに現れています。

宿命で、調候の守護神が透干する人は、平和な時代、先祖の恩徳ある家系に生まれる程稼働します。

次回は、調候の守護神について、更に、記載したいと思います。

Follow me!