生日中殺

◆【受講生からの質問】
生日中殺について質問があります。
生日中殺が親の跡を取ると人生に行き詰まりが出来ると書いてあるのですが、「跡を取る」とはお墓や仏壇を守ったり、親の老後の面倒を見る事も入るのでしょうか?
だとしたら生日中殺で長男の人は、どうすれば良いのでしょうか?

---【ご質問にお答えします】---

生日中殺は、年干支の天中殺範囲が日支にある宿命のことです。
年干支は、両親の場所(立場)を表します。
日干支は、本人の運命を表します。

生日中殺は、親以外の後を取ると運勢が稼働します。
生日中殺は、親の目の届かない場所。
親の意思の影響を受けない場所で生活することで宿命が稼働します。

親以外ですから祖父母の跡をとっても良いです。
他家の養子となって跡をとっても良いです
この跡を取るのは、一般的に親の職業、家業、財産です。

お墓、仏壇を守り受け継ぐのは、親(親の職業、家業、財産)の跡取りではなく、祖父母をはじめ、先祖の継承になります。
親からの経済的援助を受けないで、親元を離れると、宿命が稼働します。
親以外の目上の気は、無限に受け取れるのが、生日中殺です。
生日中殺で海外で成功してる人もいます。

親の(経済的)恩恵を受けなければ、親の老後の面倒を自分の経済力で補うのであれば、良しとなります。

宿命中殺と名の付く命式は、親族の経済的恩恵(援助)を受けず、無一文から出発した人は、無限の世界に向かい、運勢が稼働します。

Follow me!