天命を知る法

天地人・3才の考え方についていろいろ説かれています。

天の時、地の利、人の和
気、心、体
父と子と聖霊

地の利は、地理風水をはじめとする人間の周囲に存在する環境です。
人の和は、人間関係の調和です。故に、人徳のある人は、人の和が出来上がっています。
天の時は、時代が味方する。世の中に必要とされる選択。運が良いなどです。

天は宇宙に通じ、見えない世界に通じ、魂に通じる世界です。

故に、東洋の世界では、易経にせよ、算命学にせよ、天地人・3才の思想が原点にありますが、地と人だけで、占いは成立します。

易をたてる時、最初の1本を抜いて、天、太極神に降りていただいて占うのが、易の天地人・3才の思想です。

しかし、そのような所作を抜いて成立する占いがコインによる占いや、梅花心易です。

算命学でも、他の東洋占星術においても、天の太極の意思を仰ぐという思想は、術者の選択、器量に左右されるわけです。

しかし、太極を抜いた意思の下では、目の前の吉凶禍福を占えますが、太極の幸運を引き寄せることはできません。

太極の天を意識するからこそ、天命を知る占いが成立するのであります。
天は、超感覚的世界であり、魂の世界です。
天を意識しなければ、天命を知ることはできません。

Follow me!