貫索星を占う


貫索星は日干と同じ干が宿命にあると貫索星が表出されます。

自分と同じ質、立場の人を意識するようになります。
家族においては兄弟姉妹となります。

家庭の外では、友人、親友、同僚となります。

貫索星が陽転すると、信念を持ち、親友を大切にし、組織や社会の中で要の存在であろうとします。

貫索星が陰転すると、我欲が表れ、独占欲が出てきます。独占欲とシンクロするようにライバルを意識します。そして、ライバルと争う動きとなります。

貫索星を陽転して開運させるには、兄弟姉妹、友人、親友、同僚を大切にし、社会や組織の中で、要となる人間性を育てると、周りから必要な存在として、頼られるようになります。
信念と要の意識を持つと、友人、知人が頼ってきます。

占い及び開運の運命鑑定は自然法算命学へお問い合わせ下さい。

Follow me!