開運のチャンス

仮説を立てて占技を検証し、証明されると占技に加える。こうして算命学は、16元法という膨大な占技群を作り上げました。

この考え方を算命学用語で紫天法(してんほう)と言います。

生年月日が存在するところに運命が生ずる。これは、算命学 高尾理論です。

新規出発の生年月日に運命が生ずる。

そして、その生年月日の運命は、一人歩きします。

従生財格は、財が集まります。

殺印相生格は、名誉が集まります。

一気格は、時代の中心になります。

二象格、三象格は、ゆっくり運勢が動き出し、晩年になるほど運が高い位置で稼働します。

時に、家族や会社の運命を導いたり、運を下降させたりします。

40年の鑑定歴を通して導き出された紫天法の結論です。

どんな星の下に生まれた人でも、幸運を引き寄せる生年月日で新規出発すると、開運のチャンスがあります。

Follow me!