宿命中殺の陽転法

宿命中殺の人は、成人後、家族の援助を受けず、孤独から出発すると、無限世界に向かいます。

親元に居る宿命中殺の人は、自分の価値観を社会に押し付けます。

そのため、社会的に孤立します。

それは、ある意味、非常識な人に受け取られます。

自立した経済力で出発した宿命中殺は、自分の価値観と、世の中の価値観の違いにショックを受け、妥協することを学び、社会に適応する能力を得ます。

そして、自分の無限世界に向かう運気を輝かそうとします。

宿命中殺は、社会人になった後、家族の経済的援助を受けないで、一人暮らしを始めると、世の中で必要な存在となります。

Follow me!