思春期の葛藤

思春期の象徴は天恍星

天恍星は大人と子供のハザマで葛藤を抱える星です。

子供の頃は大人の世界を理解し

大人になると子供の精神状態に戻ろうとします。

常識を理解しながら常識を実行できない星です。

思春期に大人の世界に飛び込むことができる人は社会に順応します。

それは、大人の考え方ができるようになるということです。

大人の世界に飛び込めないと、大人の世界に反発します。

大人になっても、常識に反発し、異性との付き合いでのみ、大人のふりをします。

算命学では、思春期に、1/3(三分の一)が世の中から淘汰される道に入る

と、教えています。

思春期を通り過ぎ、高校卒業の段階で、宿命と環境が一致すると宿命の稼働が始まります。

子供は大人の世界に順応し、世の中で必要とされる道が待っています。

Follow me!

自然法コム(自然法算命学購入サイト)

取扱商品

カウンセリング・運命鑑定。算命学命式算出ソフト・通信講座・セミナー・教科書・講義DVD・講義HDD・講義MP3