2014年(平成26年)甲午年の世の中の動向

2014年(平成26年)甲午年の世の中の動向

冬至は新しい年の始まりです。

神社にお参りするも、冬至の日が新しい気を受け取ることができます。
2014年12月22日は冬至です。
癸巳の気から、甲午へ気が移行しました。
2014年の気が動き始めています。

甲(きのえ)は、陽の守備本能で、生命の象徴を表す気です。甲木は大自然の樹木とシンクロします。生命の象徴です。
午(うま)は、現実における伝達本能です。

甲午は天極星で2点のエネルギーです。
天極星は肉体の死、魂の有を表す星です。

甲午は、大きく茂っている樹木の姿です。見た目が大きく見えているという意味になります。
樹木、木性、自然林、生命の象徴、生き物、動植物、人間ということがテーマ、話題となる年です。
天極星の樹木は、成長の過程を終えた樹木で、材木、棟梁、木造建築、木性の加工品がテーマとなります。

守備本能の木性は平和の象徴です。平和が2014年のテーマとなります。
甲の木性が、午の火性を、木生火と生じます。
天が地を生じます。
上に立つ者が、下の者を生じます。
上に立つ者で、安定と平和を保つものが、下の者を生じます。
安定した国家が国民を導く姿です。
平和な国家の文化が発展する姿です。
そのような国家が、世界の注目を集めます。

木性には音と風の象意があります。
声のきれいな人、ビブラートのある歌手、演説化、指導者は注目されます。
風は天から地へ流れ、これは高気圧の風の流れです。
穏やかな気候の地、観光地が、話題、注目される動きです。

午の象意に政府の意味があり、天が政府を生じ、平和な国家における政府の力が強まる動きです。

2012年壬辰の年は、壬の海を象徴とし、海洋資源、海洋問題がテーマとなり、尖閣諸島等の海資源がテーマとなりました。

2013年癸巳の、癸は雨、雲、水資源がテーマとなり、天候においては、、地域による気候の温暖の差、水不足、異常気象、温暖化現象の問題が世界で話題となりました。フィリピン台風は記憶に新しいところです。

また、巳火は情報、総合的交通の意味です。陸海空全般に渡る総合的交通の意味を表します。防空識別圏は、空域の問題です。
その他、未来、最先端、新しい物です。
巳火は、火性でエネルギーです。エネルギー問題もテーマとなりました。
また、巳火の交通全般の意味は、ボーイングの787の不具合が航空問題のニュースとなりました。

さて、2014年の霊的世界、見えない世界の動きについて。

見えない世界では、平均的霊魂類(霊的グループ)が安定する動きとなっており、霊的世界の霊団が安定に向かおうとする動きです。

世界的に、平和国家、平和な指導者は天を味方につける動きであり、動乱型、波乱の生き方の人には、天が味方しない動きの年です。

日本は一時の安定に向かいます。経済力は持ち直し、優秀な人材が頭角を現し、国家を導こうとします。

政府は迷いの中にあり、内部での批判の応酬が表れます。
TPPは、農業を守ることにこだわる動きとなります。

2014年甲午がもたらすものは、自立した人。平和を守る。見た目だけ大きく見せる存在。生き物、命、生命、木製品、紙製品、材木製品、命を未来へ繋ぐもの。ということがテーマ、話題となる年です。

Follow me!

自然法コム(自然法算命学購入サイト)

取扱商品

カウンセリング・運命鑑定。算命学命式算出ソフト・通信講座・セミナー・教科書・講義DVD・講義HDD・講義MP3

2014年(平成26年)甲午年の世の中の動向” に対して1件のコメントがあります。

  1. 菅原 敏郎 より:

    今年程冬至を意識した年は無いと思う。
    何とか無事一年を過ごせた幸運を感謝しつつかぼちゃを食べ、柚子湯に浸かりたい。