天命に目覚め

天命の意識で人生を歩み

新規出発の時期を選び

動くべき時、動き

静かなる時、休み

余分の福は他者に分け与え

他者と争うことなく

ただ、役目のみを発揮する

自慢することもなく

ただ淡々と天命の道を歩む

天を尊び

地に感謝し

人を愛する

神々の加護、この上なし