以下四柱推命より

人有精神 不可以一偏求也 要在損之益之得其中

人には精神がある。精神面か現実面の一方に偏って判断を求めることはできない。結果はこれ(片方)を損じ、これ(片方)を益すことになり、その中庸中和を得ることであります。

人には精神があります。物質世界、精神世界の一方に偏ることは不可であるとします。中庸中和の視点から、損じること、益すること両方用いて、中間、バランス、調和を取ることが大事であるとしています。