占いというものを極めると、事象の吉凶禍福をある程度予測することができます。

吉凶禍福の凶と禍が出た場合、どうするか。

占いではどうにもならない、本人の運で片づけられてしまいます。

幸運には、幸運を引き寄せる新規出発が切っ掛けです。

不運は、不運を引き寄せる新規出発が切っ掛けです。

故に、幸運を引き寄せる意識を持つと、幸運の時期に物事を始め、不運を引き寄せる時期は、おとなしくして、新しいことをせず、現状維持をしていれば、何ら、大きな禍は引き寄せることはありません。

算命学の目指す開運は、子孫繁栄にあります。そのため、子供が生まれると、子供が開運する道のための、両親の在り方をアドバイスします。

10代の頃より、宿命稼働の道を歩むと、社会に出てから世の中の必要な存在とないます。

家系が代々続いていて、禍の無き家には、先祖に、神社仏閣や社会に貢献、寄付、還元しており、菩提寺と神棚を懇ろに祭られている家が多いです。

このような家に生まれた人は、占う時、吉に向かうアドバイスを素直に受け入れてくれます。

----------------

◆易経より◆
「周易繋辞伝」より
易は窮まれば変じ、変ずれば通じ、通じれば久し
「周易文言伝」より
積善の家には必ず余慶 積不善の家には必ず余殃あり

占いは、善き条件の選択法をお伝えするのが役目です。
あなたの運命の主役は、あなた自身です。
算命学は『あなた』が主役になるための学問です。
----------------

090-7712-9892