物事が進むべき道に進む時は、トントン拍子に、

“トントントン”

と、進みます。

そうで無い場合は、壁、障害にぶつかります。

“トントントン”

と、進まない事象

電車が遅れる。

知人から緊急の呼び出しがかかる。

周りに反対される。

“トントントン”

と、進む事象

進学するところに見学に行ったら、そのまま面接され、内定をもらった。

会社でリストラされ、家族に、それまで、勉強していたパンのことで、独立しようと、言ったら、家族が全員賛成。家の周りにパン屋さんはなく、目の前は大手企業。

進むべき道に導かれるように進みます。

周りに迷惑をかけて強引に進むと、人生のどこかに、落とし穴が待っています。