十二大従星は、人の一生を12の時間に分類し、そのエネルギーに相当する現象は、人の運命や性格に現れるという。

天極星は、人の死の時点におけるエネルギーについて論じています。

人の死とは、肉体が静止して魂が肉体から離れて、肉体の周りに浮遊している状態のことです。

天極星は、肉体の死、魂の浮遊の状態です。

現実に対する対応力に欠け、見えない世界からの啓示(直観、インスピレーション)を形にしたくなる性格が現れます。

また、死後世界の魂とシンクロし、先祖霊の声が聞こえる人が多いのも、天極星が命式に表出される人の特徴です。

現実に対することは、あるがままを受け入れる人です。

よって、家族環境、家系の質、職場、時代の環境をあるがままに受け入れます。

天極星は、土地、磁場、いわゆる風水の影響を強く受けて、運命に影響が現れます。

先祖に恩徳ある生き方をした人の子孫に生まれるほど、穏やかな人生となります。

通信講座、占い及び、開運の運命鑑定は自然法算命学へお問い合わせ下さい。