想定法の定則法の11番は、父の運気と子供の運気について論じています。

想定法の定則法の12番は、母の運気と子供の運気について論じています。

ある特定の条件下において、親子のご相談を受けた時、宿命の星を見ることなく、親子のあり方について占うことができます。

故に、命式を見ることなく答えを見出すことができます。

算命学の想定法は、算命学の奥義で、口伝によって言い伝えられた中国四千年の経験則です。