石門星の一極二元論

陽転と陰転を星の一極二元論と言います。

石門星は陰転すると我欲、独占欲を隠して支配欲が稼働します。

人間関係で策略を練って独占しようとします。
隠れた独占欲が中間を利用し、隠れたライバルが現れます。

石門星は陽転すると人と人の間にあって協調和合の存在であろうとします。

会社に入ると組織をまとめる存在になります。
人間関係で集団を広げるため思想によって統制しようとします。

Follow me!