算命学の軍略について

宿命の役目を全うすることに目覚めることです。

そのために必要なことは宿命と環境の一致です。

天命に目覚め、天命の役目を全うすることです。

この段階で世俗の欲望を離れなくてはなりません。

孔子の教えに
公産なくして公心なし

ある程度の財産がなければ、人のためという心は芽生えない。

この段階に至ると、世間体、世俗への執着を離れます。

淡々と宿命の役目を果たす人生となります。

老子の境地“無為自然”の境地となります。

そのためには、自分の運気が来るまで人生の準備をする必要があります。
準備ができない新規出発は焦りを伴います。

天命に目覚め
天命の役目で生き
新規出発の時期が来るまで
人生の準備ができる者
戦わずして勝つ運命となります

なぜなら、世の中が必要とする存在、運命となっているからです。

戦わずして勝つ これが、算命学の軍略です。