算命学16元法について質問を受けました。

内容は以下の通りです。

—————–
ご質問させていただきます。

最近、ある算命家のブログ(この記事自体は2012年書かれたものですが)に「十六元法は昭和50年代に高尾宗家が捨て去ったものでる。」

ということが書いてあり、暗に観山先生を批判していると思われる記事を読んだのですが、昭和50年代は高尾宗家が「原典算命学大系」を発刊された年で、私はこの「原典算命学大系」を持っていませんがある人から見せていただく機会があって、確か11巻の後書きに算命学全体の学問体系図が書いてありその中の運命編の所に「内法十六元の成立、外法二十三元の成立」との記述があったように記憶しています。

(ですから高尾宗家が十六元法を捨て去ったと言うこの算命家の記述には納得がいきません)

私はこの「内法十六元、外法二十三元」が何なのかを知りたくネット検索をしている中で観山先生のホームページに出会い通信講座の受講を決心致しました。

その関係上、「捨て去った」と言うことについては些か気になっています。

このようなブログ記事を読んだからと言って先生に対する信頼は揺らいでおりませんが、可能な範囲で先生のご見解を賜ることが出来れば大変有り難いです。

-------------------
ご質問およびご返事を自然法算命学メンバーサイト(サポートフォーラム)にアップしました。

ログインしてサポートフォーラムを参照ください。

自然法算命学 観山素至命