調舒星は真理を見抜く星です。

一般的に算命学の教科書では、裏切り、反発、葛藤から陽転に向かうとされています。

調舒星は、一人の時間を持つと疑問に対して探究に向かいますが、人と関わり続けて一人の時間が持てないと、他人の真理を暴こうとします。他者の隠れた本質をあからさまに、あるべき真理を指摘し、批判してしまいます。結果として周りが遠ざかっていきます。

調舒星に必要なことは、1日の中に一人でいる時間を確保し、自分の内面に向かうことです。

子供の時代は、なぜ、どうして、と、必要に聞いてきます。
しかし、答えに納得しません。
調舒星は、本人が見抜かなくてはならないのです。

調舒星が頭にあれば、朝、一人の時間があると良いです。
調舒星が左手にあれば、出かける時、一人で出かけると良いです。
調舒星が腹にあれば、昼間、一人の時間があると良いです。
調舒星が胸にあれば、どの時間でもよいので、一人の時間が作ると良いです。
調舒星が右手にあれば、夜および寝る前、一人の時間があると良いです。

調舒星は、直接伝えると人を気づつけます。
調舒星は、間接的(音楽、芸術、書物)に伝えると真理を伝える人になります。
哲学者、宗教家、芸術家、音楽家に多い星です。