【受講生からの質問】

 

根本的な質問なのですが…観山先生はもともと四柱推命を学ばれていらっしゃったとホームページのどちらかでお見かけしましたが、なぜ四柱推命ではなく算命学を学ばれるようになったのですか?

 

---【ご質問に対するお答え】---

 

年干支は1太陽年で月の満ち潮の大きな満ち潮、引き潮が、1年に1回あります。
地球は楕円軌道で太陽の周りをまわっていますので、太陽と月と地球が一直線になる時で、最も太陽に近い時です。

毎月、太陽と月が一直線になる満月と新月は、次に大きな潮の満ち潮、引き潮があります。

一日の中で、月の方位とその反対側に、潮の満ち潮、引き潮があります。

地球に潮の満ち欠けがあることで、地球に気の振幅が発生します。

時間には、潮の満ち欠けがないので、気の振幅が発生しない。そのことで、気が変転しないと考えます。

しかし、時間の地支は存在します。
地支はその時間の方位です。
一日の時間の地支は、太陽の方位を表します。

よって、占術、細かい事象の占いは時間の地支を使います。
占術で時間の天干を使うのは四柱推命ぐらいです。

後の占いは、時間の地支のみです。

結論

ここから先は私見です。

生まれた時間の干支は、ないとは言えませんが、宿命に対する影響する力が弱いと考えます。
なぜなら、気の振幅が無いので、気が希薄と考えられるからです。

----------------
◆易経より◆
「周易繋辞伝」より
易は窮まれば変じ 変ずれば通じ 通じれば久し
「周易文言伝」より
積善の家には必ず余慶 積不善の家には必ず余殃あり

占いは、善き条件の選択法をお伝えするのが役目です。
あなたの運命の主役は、あなた自身です。
算命学は『あなた』が主役になるための学問です。