師範科・想定法の流動法について質問を受けました。

---質問内容---
流動法  のところで
「気の流れ」 というのが いまいちよく分かりません。

☆ もし、気の流れが 無いと どうなるのでしょう。「他人と同じ」ということですか。

☆ 気と愛は違うのですか?愛の流れに置き換えてもよいですか?

☆ 例えば、夫が妻の霊魂を持っていない時とか、
母が子供の霊魂が無い場合でも、気は関係なく、子へ流れていくのでしょうか。

☆ 子供が亡くなったりして、他の兄弟が
「気が流れっぱなしで、散漫になりやすく気を充実させることができない。」とか、
「気が不完全燃焼となりやすい。負担になりやすい」
となった時、 対処法はどうすればいいとかあるのでしょうか?

 

---【ご質問に対するお答え】---

気の流れは、家系の気の流れです。
気は上から下に、陽から陰へ、無形から有形に流れます。
これは法則です。

この法則を応用します。