玉堂星の一極二元論

陽転と陰転を星の一極二元論と言います。

玉堂星は、日干と和合する、負担のかからない気が魂に流れ込んで来る気です。
魂を陰陽で和合しながら生ずる気です。
自分を陰陽で和合しながら生ずる気となり、実母の星です。
魂が理解する気が稼働します。
玉堂星は、過去に学び理解する星です。
自分を生ずる気は聞き上手であり、目上の応援があります。

玉堂星は、実母が健在のうちに稼働する星です。
陽転すると、伝統に学び、常識の範囲で行動します。
陰転すると、マザーコンプレックスとなり、勘で物事を判断するようになります。

Follow me!