算命学の想定法定則法という占技があります。

基本的に宿命の星を使わず、人の運命を予測、想定します。
環境や状況をクライアントから聞いて、過去と未来を想定します。
そのうえで、運命の星を見ます。

運勢には法則があい、この法則は個々の宿命を別にして人間であれば、ある共通の法則に当てはめられるという考え方です。
こういう生き方をしたら、こうなる、と言う法則があります。

運命の法則を30パターンにまとめたものを定則法と言ます。

想定法を知って運命の星を見ると、鑑定が非常にスムースです。