調候の守護神とは季節の守護神です。

調候の守護神が透干(表に現れる)宿命の人は、世の中ではやっている世界に向かうと良いです。

いわゆる二番煎じの世界に向かうと良いです。

人が求めているものを把握する能力があります。

そして、平和な時代、先進国で生まれた人ほど、稼働します。

 

調候の忌神とは季節の忌神です。

冬に生まれて寒さを増強する宿命の人。

夏に生まれて暑さを増強する宿命の人。

調候の忌神が透干(表に現れる)宿命の人は、人のまねをすると失敗します。

誰もなしたことをない、新しいことをやると、世の中で活躍できます。

----------------
◆易経より◆

「周易繋辞伝」より
易は窮まれば変じ、変ずれば通じ、通じれば久し

「周易文言伝」より
積善の家には必ず余慶 積不善の家には必ず余殃あり

算命学の主役は『あなた』自身です
----------------

090-7712-9892