算命学の主役はあなた自身です。call us toll free 0429-37-4271(12-20:00)

陽転と陰転を星の一極二元論と言います。

車騎星は、日干が剋され分断される気です。
魂が分断される感覚が宿命に内在しています。
槍で背中を突かれているような状態を描くと感覚が見えてきます。
車騎星は、白黒をつけたくなる星です。

車騎星は、じっとしていられず常に動いています。
陽転すると、使命感に目覚めます。
陰転すると、過去の自分を責めくよくよ考えるようになります。

運には二面性があります。

運の一極二元論は次の通りです。
・幸運:世の表の人に注目されます
・不運:世の裏方の人に注目されます

星の一極二元論は次の通りです。
・陽転:能力が備わります
・陰転:能力がくすぶります

運が輝き、星が陽転するとき、人に必要とされます。
人に必要とされる人間関係が成立するとき、人の念が集まっています。
サッカー選手がホームグランドで本人の能力以上の力を発揮するのは、人の想念の応援を受けて、本人の能力以上の力を発揮します。
人の念の一極二元論は次の通りです。
・感謝:先祖および前世に人に感謝された念を受けています。これを徳といいます。
・恨み:先祖および前世に人から恨まれた念を受けています。これを因縁といいます。

徳のある人は、困った時に救いの神(人物)が現れます。
ホームアンドアウェーのホームグランドで仕事をします。