冬至を年初とする王暦の論文

算命学は本来日月星辰の運行による自然現象の理解により天下地上の世界を如何に理解するかという認識から出発して、その天下を司る支配者(王、皇帝)のための学問という位置づけであることから、冬至年初を旨とする「王暦」による考え方で命式を鑑定する「冬至説」が本来のあり方であると価値判断できる。

算命学と触れ合いま専科

冬至年始、十大主星、十二大従星、天中殺、大運天中殺、十干、守護神や豆知識、お役立ち情報など算命学を知るための基礎知識を学んでいただけます。算命学と触れ合いま専科で算命学の知識を心得ておくことで簡単な性格占いや日常生活に役立つ知識を習得することができます。費用も一切かかりません。質問も受付いたします。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。