算命学の経験則

一子相伝に受け継がれた算命学の経験則

50歳を過ぎ、還暦をまじかに控えると、人生経験というものが備わります。

人相学を学ばなくても、ある程度、人を見て判断できるようになります。

こういうのを経験則と言います。

経験則は共通しています。

算命学は一子相伝の中で共通の経験則が言い伝えられてきました。

算命学の想定法は、算命学の伝承者たちが心血を注いで言い伝えた経験則です。

算命学が他の占術と一線を画すのは、想定法があるからです。

想定法は、生年月日を聞かずとも占断できるのが最大の特徴です。

あたかも霊能者のごとく、過去、現在、未来を予測します。

先祖三代、子孫三代の運の流れを見るのが三重法です。

人の運命は大きく16パターンをたどるという見方が運型法です。

運型法を細かく見るのが定則法です。

因縁の動きを見るのが因縁法です。

因縁法は、継承の因縁、色情の因縁、財禄の因縁、殺傷の因縁、間者の因縁の五種類です。

 

Follow me!

自然法コム(自然法算命学購入サイト)

取扱商品

カウンセリング・運命鑑定。算命学命式算出ソフト・通信講座・セミナー・教科書・講義DVD・講義HDD・講義MP3