算命学の主役はあなた自身です。call us toll free 0429-37-4271(12-20:00)

同窓会で会った同級生の生年月日の共通点が
ありました。

鹿児島から出てきた友人達は、宿命中殺、宿命冲動、破格の命式でした。

それぞれの立場で世の中に貢献していました。

◆【受講生からの質問】

メールありがとうございます。

>冲動、中殺が悪い因縁とは限らりません。
>支合、半会が良い因縁とは限りません。

以前のお返事では、先祖が人様に迷惑をかけたりしていて流れが悪い時は沖殺・沖動が生まれてそこで流れを切るように出来ていて、先祖が良いことをしていればその流れを継ぐために支合・半会で産まれる、という解釈でOKとういお返事をもらったと思うのですが・・・。
上の文章はどのように解釈したら良いのでしょうか?
良くても悪くても、とにかく何かの理由でその流れから出たり、その流れを受け継いだ方が良いという事でしょうか?
でもそうすると、支合・半 会の人は悪い流れも引き継がないといけない事になると思うのですが・・・。

◆【質問に対するご返事】

家系の因縁は誰でも、先祖の中に恩徳のある人、因縁のある人がいます。
そのなかで、宿命と環境を一致させる生き方をすると、恩徳ある人の気を引き継ぐと考えてください。

支合、半会のある人は、家系、両親、先祖と関わることで、家系(先祖)の恩徳ある人の気を受け継ぎます。
冲動、中殺のある人は、家系、両親、先祖の力を借りないことで、、家系(先祖)の恩徳ある人の気を受け継ぎます。

支合、半会のある人は、家系、両親、先祖から離れると、家系(先祖)の因縁ある人の気を受け継ぎます。
冲動、中殺のある人は、家系、両親、先祖の力に頼ると、家系(先祖)の因縁ある人の気を受け継ぎます。

宿命と環境を一致させると、自分の中の長所が現れます。
宿命と環境が不一致すると、社会に適合できない運命(性格)が現れます。

◆【受講生からの質問】

合法(支合、半会)も散法(冲動、刑、害)も両方ある人は、先祖の良い因縁(徳)も悪い因縁の両方を受けている、という解釈で良いのでしょうか?

この場合も、中殺・沖動がある場合は、まず親元を離れたり、親の恩恵を受けないようにした方が良いのでしょうか?

◆【質問に対するご返事】

第1子が生まれる時、両親の相性が子供の命式に現れます。
両親の結婚の時期が、天中殺の時期であると、宿命中殺の子供が生まれます。
両親の結婚の時期が、冲動の時期であると、宿命冲動の子供が生まれます。
両親の命式間の位相法でも、第1子に位相法が現れて生まれてきます。

第1子が生まれる時
男の子は、父の影響を受けやすく
女の子は、母の影響を受けやすい
です。

第2子が生まれる時、夫婦が仲が良い時に受胎すると、支合、半会の子供が生まれやすく
夫婦仲が悪い時に受胎すると、冲動、刑、害の子供が生まれやすいです。

宿命の消化方法は、散(冲動、中殺)を先に消化し、合法(支合、半会)を後から消化すると良いです。

冲動の命式、親元を離れる
中殺の命式、親の援助を受けずに社会生活を送る

支合、家族の理解を得る
半会、家族と共通の目的を得る

重なる時、鑑定士の手腕の見せ所となります。
相手の家族状況に応じて、アドバイスしますので、

これこれと断定してはいけません。

冲動、中殺が悪い因縁とは限らりません。
支合、半会が良い因縁とは限りません。

物事の気が偏って滞る者は、邪気となり因縁となります。
物事の気がスムースに流れ、正気となれば徳となります。

世のなかで成功している人に、支合半会より、中殺、冲動が多いのは、孤独になって人としての殻を破るからです。
家系を引き継いで、代々家系を守る人は、中殺、冲動がなく、支合、半会があります。

よって、宿命と環境を一致させ、人のために生きる人は、本人の代で成功します。
支合、半会の人が、家系を守ると、子孫に成功者が現れます。

宿命と環境を一致させると、霊等(霊格、人格)が上昇します。
算命学は、世の中で大成功を目指すことではなく、霊等を上昇させることが役目です。
そのことで、直径傍系の子孫に、成功者が現れます。

という考え方をします。
子供がいない場合、自分の考え方、生き様を受け継ぐ人が現れます。

結婚するとき、相手を幸せにしたい。
そして、受胎するとき、相手を幸せにしたい。
そのような想いでいる両親のもとには、子供の命式に、中殺、冲動、支合、半会に関わらず、魂の高い次元の子供が生まれてきます。
このような子供は、親を悟らせようとします。

算命学の秘儀を今後も、公開してまいります。

----------------
◆易経より◆
「周易繋辞伝」より
易は窮まれば変じ 変ずれば通じ 通じれば久し
「周易文言伝」より
積善の家には必ず余慶 積不善の家には必ず余殃あり

占いは、善き条件の選択法をお伝えするのが役目です。
あなたの運命の主役は、あなた自身です。
算命学は『あなた』が主役になるための学問です。

算命学無料・天中殺・命式を計算(算出)[自然法算命学]
自然法コム ECサイト
自然法算命学通信講座
090-7712-9892

滝川 クリステルさんの運勢

滝川 クリステルさんの運勢を占いました。

祖国から遠く離れた世界で、先祖の恩徳を受け、本流から外れた場所で役目を発揮する星。

滝川 クリステル さん
生年月日 1977年10月1日
出生地 フランス・パリ
職業 タレント、フリーアナウンサー

滝川 クリステル

***** 命式 *****
生年月日 1977年 10月 1日 (土) 性別:女性
節入りの深さで取り、冬至を新年の区切りにした場合

日 月 年
辛 己 丁
卯 酉 巳
乙 辛 丙

天中殺 : 午未

☆☆☆|車騎星|天極星
---+---+---
禄存星|貫索星|牽牛星
---+---+---
天馳星|龍高星|天禄星

-----------
旬| 歳|干支|主星|従星|
-----------
初| 2|庚戌|石門|天南|
2| 12|辛亥|貫索|天恍|
3| 22|壬子|調舒|天貴|
4| 32|癸丑|鳳閣|天印|
5| 42|甲寅|司禄|天報|
6| 52|乙卯|禄存|天馳|
7| 62|丙辰|牽牛|天庫|
8| 72|丁巳|車騎|天極|
-----------
宿命の特徴

宿命の特徴は、宿命中殺はありません。宿命冲動があります。
宿命中殺が無いので、家族の恩恵を受けて宿命が稼働します。
宿命冲動は、祖国から遠く離れる程、宿命の稼働となります。

龍高星が月干にあり、異国において自ら創意工夫する星です。
陰占の金性は、危険察知能力があり、異国において心がブレナイ人です。
宿命中殺がなく、天干連綬格の命式で、先祖の恩徳、加護を受け、困った時に救いの神が現れる運の強さの持ち主です。
調候の第一守護神が宿命にないため、組織の本流に入れず、誰も手の付けていない分野から才能を発揮する星の動きです。

陽占の星

天極星の幼少期は、与えられた環境に順応し、自らを無にして、スポーツや体を使う分野で能力を発揮する星の動きです。

中年期の天禄星は、着実な前進を進め、慎重かつ自らの立ち位置を把握しながら、目上の引き立てを得て、周りから評価される星の動きです。

晩年期の天禄星は、本質として人に気配りすのは好きではなく、自分の好きと想える人と結婚しようとする星の動きです。

大運

大運に調候の守護神が12歳から周り、自分がかかわる組織より、自分の把握していない世の中から評価される運勢の動きとなっています。

この日に生まれた人は、分家の運であり、先祖、両親に見守られながらも、家系を離れ、誰も手を付けていない分野で特別な存在であろうとする使命感に目覚める時、目上の引立てを得て、社会的評価を得る運勢の動きとなります。

滝川 クリステルさんのご活躍を見守りたいと思います。

----------------
◆易経より◆

「周易繋辞伝」より
易は窮まれば変じ、変ずれば通じ、通じれば久し

「周易文言伝」
積善の家には必ず余慶あり
積不善の家には必ず余殃あり

算命学の主役は『あなた』自身です
----------------

090-7712-9892

宿命冲動のある人は幸運と不運が交互に訪れる傾向があります。

冲動の組合わせは宿命の地支、年支、月支、日支の二者間で成立します。
子-午
亥-巳
戌-辰
酉-卯
申-寅
未-丑

特に子午の組み合わせのある人
あるいは二重冲動のある人

同じことを持続することが苦手であり、時間の経過の中で極端に方針を変化させる傾向にあります。

ただし、宿命と環境が一致すると環境を変化させて同じ仕事が成り立ちます。
たとえばヘッドハンティングを受けながら仕事が変転することで消化することもあります。

極端に異なる二つのテーマで人生を歩むと良いです。

宿命に冲動があると、12支が真向いのぶつかり合いの気が発生します。

一貫して一つのことを貫けない気が動き、途中で変更する気質が存在します。
そこで、自分の中に真逆の気を作りながら生活すると、一つのことを貫くことができます。 続きをよむ…